未分類

デザインするということ

デザインをしていくうえで、勉強が弊害になる事がありますかという質問。時として勉強などが思考の足かせになることもあるかめしれません。デザインというのは生きていく暮らしを楽しんやろうと考える人間にとっては、大変恵まれた仕事だとだと思います。こんな住居に住んでみたい、こんなオフィスで仕事に就きたい、素敵な洋服をきたい楽しい場所で遊びたい。そういう欲望や渇望がデザインするということに確実につながっています。しかしながら現代社会は経済活動が優先して利益利潤を少しでも上げるためにそういう事が日常の生活の中にない人々がデザインやその他の演出や、またはそれぞれの決定権を持つ事も多々ありそんな仕組みのあり方自体が問題であるとも言えます。世間の仕組み自体がデザインをつくりあげる上ではスムースにいかない側面を持っているのは明らかで時に学校や社会的な事を求められるタイミングではデザインやクリエイティブといった想像力を軸にした物事の考え方を積み重ね、積み上げていくには教えてくれる人も少なければそんな環境にもないという事が間々あります。つまり日々の暮らしの中で色々多種多様な欲があり、自分の中に考えたい深掘りしたいという個人の考えがある人がデザインに向いていると言えると思います。自分の基準があり自分の思い通りにものごおtを具現化したり、表現していく事の一つにデザインがあるという事である。しかも。それを建設的に構造化しながら考えていかないと物事の具体化につながっていかない。そのことと同時に重要な事柄として経済的な流れを知っている事が非常に大事なこととなる。経験を積んでみて、商売というのは人の心を上手につかんで離さず、みながほしいと渇望するものを丁寧にお届けするといことだと今になって強く思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です