未分類

空間のデザイン

どう考え、どうしていけば集客でき人が集まっていくかを知り尽くしさらに、集まった方々にどう喜んでいただけるかを考え知り尽くしている匠と話しました。空間のデザインが世間に根付くためには、考え方として人間を中心に物事を捉える発送やアイデアが必要であり大事な項目となってくる。その捉え方は限りなくリアリティがある社会性に長けたデザインと言えると思います。少し考えがぶれたりすると、デザインは荒唐無稽な抽象的な落とし所に収まってしまう。デザインという言葉だけでまだまだ懐疑的なイメージが残っているならばなおのことである。しかしそれでは、空間と人間との関係性を築いていき心地よさを作り出す事は出来ない。そうならずに、清々とした軽快さを担保した空間を演出出来うる事が可能なのは人生の中で、そんな考えを持ちエネルギーを発するシーンに出会い立ち会っているからだろうと思います。若かりし日はスポーツに明け暮れたという日々の思い出を嬉々として話してくれるそんな様には軽快なフットワークとどこまでも痛快な力づっ良さを感じずにはいられない。家族の中にも空間演出や、関係の職業に携わる近親者がいた事は良きライバル関係でもありよき理解者でもある事があったのだろうと思う。幼い頃は大阪に生まれた匠は、祖母が商売をやっていた事柄が大きな原因だろうなと話してくれました。商売というものはどういう側面がありどういうものなのかを考える事柄が多かった。小さい頃からどうしたら、儲けてどうしたらひとの心を動かすかそんなことを普段の遊びのような中で学んで経験して行った事が大きく印象に残っていると話してくれました。そんな大阪時代を振り返りながらも、楽しそうに話してくれる匠の姿は無邪気にも見えました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です