未分類

ウェディングフラワーアーティストについて その2

私が最近出逢った、フラワーアーティストたちの作品は、日常の生活で見失いがちな価値観を、思い出させ、豊かな感性を呼び起こしてくれます。最近はやりの、猫カフェや、ふくろうカフェなどの流れで、花カフェのような、フラワーアーティスト作品と出逢えるような、カフェがはやらないものかと、最近、切に願っています。洗練されたフラワーアーティストたちの作品は、見ているだけで、感覚が研ぎ澄まされたり、何か々同じ空間に存在するだけで浄化を行ってくれるような気がします。花々が存在する空間とは、本当に穏やかで、心の癒しなるものが得られるものであります。日本人が春のサクラの季節に、お花見に賑わいを見せる文化が、街中の花カフェ流行につながらないであろうかと期待していますがどうでしょうか?今後、花カフェは流行を期待しています。ウェディングや葬儀など、特別な日には必ず用いられる、花々ではありますが、日常の中の草花がもう少し、身近なものになってくれると嬉しい限りです。西洋文化には、花束を贈る習慣が日常の中でいきづいている事もあり、街中の一角に、花屋さんが多くみられるといった光景もありますが、日本人の生活の中では、花を贈る習慣や、花と共に生きる習慣が比較的に薄いので、なかなかその豊かさに気付く機会が少ないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です