生け花

フラワーアーティスト、華道家、いけばな作家たちが、様々な作品を作り上げる中で、私が作品たちに求めているものは、「強さ」だといつも断言しています。私、個人として「生け花」に求めるものなので、実際にフラワーアーティストや華道家、いけばな作家たちが、そのような想いを持って、作品を作り上げているのかは存じませんが、私が考える生け花の主軸ともなる信念とは、「強さ」であります。「強さ」とは、「生命力」であるのではないかと、最近、日々考えることがあります。人間は、強気にも弱気にもなる動物ですが、植物は常に弱さよりも強さをもった存在なのではないかと、常日頃からそう考えるようになりました。太陽に向かってただひたすら背を伸ばす草花たちを見つめていると、ただ生命力の強さを感じずにはいられないのです。私たちは、綺麗な花々や可愛い草花を慈しむように眺めていますが、本来は、植物の中になる「強さ」や「生命力」に魅せられているのかもしれません。もちろん感じ方は人それぞれでしょうが、少なくとも私はそうではないかと考えています。